【烏山寺町】 幸龍寺②/専光寺

〇幸龍寺 世田谷区北烏山5-8-1
 
 烏山寺町は、東京都世田谷区の26の仏教寺院が立ち並ぶ地域の通称で、寺町の成立は関東大震災後の1923年(大正12年)に浅草、築地、本所、荒川などにあった寺院が集団で移転してきたのが直接的な契機とされれいます。
 幸龍寺は、浅草田甫と呼ばれた現在の浅草ビューホテルの辺りにあったことから田甫の幸龍寺の通称があります。

DSCN2618.jpg

DSCN2619.jpg

DSCN2621_202007072351304b6.jpg

DSCN2641.jpg

DSCN2622.jpg


(説明板)
「日蓮宗 妙祐山 幸龍寺
 幸龍寺の創建は、天正七年(一五七九)徳川家康が浜松城主の時、正心院殿日幸(秀忠の乳母)の願いにより、玄龍院殿日偆を招いて城下の半頭町に伽藍を整え、祈願所として開山されたことにはじまると伝えられています。
 のちに家康が駿府へ移ると寺も移転、更に天正十八年(一五九○)家康の関東入国の翌年、神田湯島三丁目に移りました。
 二代将軍秀忠は正室常源院殿懐妊に際し安産を祈願、無事に世嗣・家光が誕生すると、鬼子母神像などを寺へ奉納しました。つづく家光は、浅草に約八千坪の土地を寄進し寺は神田湯島から移転しました。
 五代将軍綱吉は、さらに二千五百坪の境内地を寄進し、三代将軍家光の側室・順正院殿(六代家宣祖母)の廟所を設け、幸龍寺は徳川家の香華院の列に加わり、日蓮門下江戸五山の一つに数えられるほど隆盛しました。
 大正十二年(一九二三)の関東大震災で多くの堂宇が罹災したため、昭和二年(一九二七)より現在地に移転を開始し、今に至っています。
 墓域には順正院殿墓、旧唐津藩主小笠原家累代墓所、「江戸名所図会」の挿絵師・長谷川雪旦、雪提父子の墓、江戸後期の随筆「嬉遊笑覧」の著者・喜多村筠庭などの墓があります。
  平成三十年三月  世田谷区教育委員会」

DSCN2620.jpg

DSCN2654_20200707235443e4e.jpg


<長谷川雪旦/雪堤墓>

 「江戸名所図会」の挿絵師・長谷川雪旦、雪提父子の墓があります。
 江戸名所図会で記載済


<喜多村筠庭墓>

 「嬉遊笑覧」の著者・喜多村筠庭の墓があるはずです。 
 江戸名所図会で記載済


<清正公堂>

 山門入って右手に加藤清正公を祀る清正公堂があります。

DSCN2642_202007080000089d7.jpg

DSCN2644.jpg

DSCN2645.jpg


<新吉原奉納手水鉢>

 手水鉢には紋が2つ。
 奉納者を確認したら、何と新吉原奉納です。
 「清正大神祇二百五十遠忌 万治元年」

DSCN2652_20200708000210ee5.jpg

DSCN2650.jpg

DSCN2647.jpg

DSCN2653_2020070800021524c.jpg

DSCN2648.jpg

DSCN2649.jpg

DSCN2651_202007080002194fe.jpg


<さざれ石>

 3個の「さざれ石」が置かれています。説明板には「昭和五十三年八月吉日」とあり、各地に寄贈された「さざれ石」の中でも比較的早い時期の奉納です。

DSCN2630.jpg

DSCN2629.jpg


<旧唐津藩主・小笠原家累代墓所>

 小笠原長行の子長生(1867-1958)が、小笠原家家督を継ぎ、長生によって小笠原家の墓が建てられました。

DSCN2668.jpg

DSCN2673.jpg

DSCN2671.jpg

DSCN2670.jpg

DSCN2672.jpg

DSCN2669_2020070800053737f.jpg
  

<力士本町東助碑>

 「明治廿五年六月建立 力士本町東助碑 清隆謹書」

DSCN2632_20200708000731fed.jpg

DSCN2633.jpg

DSCN2635_202007080007343be.jpg

DSCN2636.jpg

DSCN2634.jpg


<亀趺>

 立派な亀趺です。耳があり、牙があり、亀と見誤らない贔屓らしい贔屓です。

DSCN2624_20200708000857561.jpg

DSCN2624a.jpg

DSCN2625_20200708000859f27.jpg


<庚申塔>

 文化8(1811)年。

DSCN2639.jpg

DSCN2640.jpg


<順性院供養塔>

 順性院(家光側室)元和8(1622)年~天和3年7月29日(1683年9月19日)
 順性院は幸龍寺に埋葬、昭和5年に谷中霊園内寛永寺墓地(第一墓地)に改葬、平成19年10月に寛永寺(常憲院霊廟)に改葬されています。
 順性院の墓碑が幸龍寺に残されいます。
 「順性院殿妙喜日圓大姉」、天和3年7月29日と刻まれています。

DSCN5788_202009061513561d0.jpg

DSCN5784.jpg

DSCN5782.jpg

DSCN5786_202009061514012e8.jpg

DSCN5775.jpg

DSCN5787.jpg


○専光寺  世田谷区北烏山4-28-1

 烏山寺町の幸龍寺に来たので、ついでに専光寺の喜多川歌麿墓に寄りました。

 DSCN4779_202008112230333fc.jpg

DSCN4780.jpg

DSCN4776.jpg

DSCN4777_202008112230370a6.jpg

DSCN4778.jpg

DSCN4781_20200811223040c4d.jpg

DSCN4789.jpg

(説明板)
「東京都指定旧跡  喜多川歌麿墓
   所在地 世田谷区北烏山四の二八の一
        専光寺墓地内
   指 定 昭和三一年三月三日
 喜多川歌麿(一七五三〜一八○六)は、江戸時代中期の浮世絵師で、浮世絵喜多川派の祖とされています。出生地については、いくつか説があり、出生年も定かではありません。大首絵と呼ばれる美人画で、当時人気を得ました。歌麿の作品は、天明・寛政期の浮世絵版画の黄金期を築きました。また、歌麿の作品は、フランス印象派の画家たちに強い影響を与えたことでも有名です。文化元年(一八○四)に「太閤五妻遊」を描き、入牢に処せられました。文化三年(一八○六)に亡くなり、浅草専光寺に葬られましたが、関東大震災後の区画整理により、昭和三年(一九二八)に現在の場所に墓が移転されました。
  平成二四年三月 建設 東京都教育委員会 」

DSCN4783_20200811223341231.jpg

DSCN4784_20200811223343712.jpg

DSCN4782_20200811223343d5b.jpg

DSCN4785_20200811223345203.jpg

DSCN4788.jpg

DSCN4787.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 新吉原奉納亀趺加藤清正江戸名所図会旧跡さざれ石

西加平神社

○西加平神社 足立区西加平1-1-39

 当社の創建年代は不詳ですが、嘉兵衛新田の開発に伴い創建されたのが稲荷神社です。稲荷神社は明治時代に加平天祖神社の摂社(嘉兵衛新田字西耕地)となりました。
 綾瀬川西側の旧嘉兵衛新田の人々は、戦後まで綾瀬川東側にある天祖神社を鎮守としていましたが、摂社の稲荷神社は、昭和29(1954)年3月に分離独立しました。
 昭和49(1974)年3月に、高速道路建設のため現在の加平ランプ入口にあった、石造祠の天祖神社を稲荷神社に合祀し、西加平神社と改称しました。

<嘉兵衛新田>

 武蔵国橘樹郡稲毛領(現・神奈川県川崎市北部)に居住していた伊藤嘉兵衛が、当地に移住し嘉兵衛新田を開発しました。
 寛永年間(1624〜1644)に内匠新田から小菅の古隅田川まで新川(新綾瀬川)が開削され、嘉兵衛新田は、東西に分断されました。

DSCN9585kahei.jpg


<現在の西加平神社>

 六町の再開発にともない、平成28(2016)年に移転先から戻ってきたばかりで、まだ森のない神社です。
 鳥居は寛政11(1799)年の銘です。

DSCN0522.jpg

DSCN0524.jpg

DSCN0523.jpg

DSCN0525.jpg

DSCN0532.jpg

DSCN0529.jpg


<手水舎>

 嘉永7(1854)年2月に新吉原角町の安房屋が奉納した手水鉢があります。

DSCN0542.jpg

DSCN0526.jpg

DSCN0527.jpg

 明治13年の「全盛古郷便覧」に「安房屋」の記載があります。明治27年の新吉原配置図には記載がありません。
awaya.jpg


<狛犬>

 「大正十年五月」
 「千住町 彫刻師 田中柳之助」

DSCN0530.jpg

DSCN0531.jpg

DSCN0541.jpg

DSCN0540.jpg    


<三峯神社>

DSCN0539.jpg

DSCN0533.jpg


<天祖神社>

 昭和49(1974)年3月に、高速道路建設のため現在の加平ランプ入口にあった、石造祠の天祖神社を稲荷神社に合祀し、西加平神社と改称しました。

DSCN0537.jpg

DSCN0538.jpg

DSCN0536.jpg

DSCN0535.jpg


<旧社号標など>

 昭和49(1974)年3月に、西加平神社と改称する前の旧社号標「稲荷神社」などが並んでいます。

DSCN0534.jpg

DSCN0534b.jpg


<庚申塔>

 境外の裏道に、庚申塔が三基と不詳の石造物があります。

DSCN0782.jpg

DSCN0783.jpg

・天明8(1788)年銘の庚申塔。
 左側面「奉供養庚申講中 渕江領 嘉兵衛新田西」
DSCN0783a.jpg

・天保8(1837)年銘の庚申塔。
DSCN0783b.jpg

・寛文10(1670)年銘の庚申塔
 阿弥陀如来を主尊とする庚申塔。
DSCN0783c.jpg

 二猿が陽刻されています。
DSCN0782c2.jpg

・とろけて不詳の石造物。
DSCN0783d.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 新吉原奉納綾瀬川新田開発

寄進者 (松葉屋 八百善 駿河屋)

○寄進者

<松葉屋>
 松葉屋は、新吉原角町の遊郭です。楼主は代々半左衛門を襲名(寄進者名としては半蔵もあり)。松葉屋の花魁ショーは、はとバスコースにもなっていましたが、平成10年に廃業。

<八百善>
 八百善は、文人墨客から将軍家までが利用する江戸第一と称された山谷の料亭です。寄進者名として、八百屋善四郎。八百善があった場所は、新鳥越2丁目で、後に、吉野町二一番地、現在は東浅草1-8-12です。現地には、今は何の痕跡もありません。
 (参考)八百善のホームページ(消失) インタビュー記事

<駿河屋>
 駿河屋は、新吉原仲ノ町の引手茶屋です。寄進者名として、駿河屋市兵衛。


○白髭神社 墨田区東向島3-5-2

 八百善と松葉屋半左衛門、駿河屋市兵衛の寄進した狛犬(文化12年(1815))があります。
 台座に「松葉屋半左衛門」と刻まれています。台座側面に「八百屋善四郎」「駿河屋市兵衛」と刻まれています。

DSC01376.jpg

DSC01386.jpg

DSC01379.jpg

DSC01382.jpg

DSC01383.jpg

DSC01377.jpg

DSC01380.jpg

DSC01378.jpg

(白髭神社由来より)
「社前の狛犬は山谷の料亭八百善として有名な八百屋善四郎、吉原の松葉屋半左衛門が、文化12年に奉納したもので、其の信仰のほどが偲ばれる。」
 由来に記載はありませんが、狛犬には吉原の引手茶屋の駿河屋市兵衛の名が見えます。

DSC01385.jpg

DSC01384.jpg


○素盞雄神社 荒川区南千住6-60-1

 狛犬の台座に「新吉原角町 松葉屋半蔵」とあります。

DSC01398.jpg

DSC01394.jpg

DSC01395.jpg

DSC01397.jpg

DSC01399.jpg

DSC01400.jpg

 狛犬の台座に「昭和10年」の年号記されているので、昭和10年に修復されているのかも。

DSC01396.jpg


○虎ノ門金刀比羅宮(ことひらぐう) 港区虎ノ門1-2-7

 丸亀藩の邸内社だった金刀比羅宮です。

<銅鳥居>
 銅鳥居には、新吉原の各町の遊郭が数多く刻まれています。
 文政四年(1821年)奉納の願主に3名の名があります。そのうちの1人が新吉原京町1丁目「若松屋藤右エ門」 です。世話人に「新吉原角町 松葉屋半蔵」とあります。仲ノ町には、ここにも「駿河屋市兵衛」の名があります。新鳥越2丁目には、「岡田屋忠七」「八百屋善四郎」の名があります。


DSC01345.jpg

DSC01347.jpg

DSC01348.jpg

DSC01344b.jpg

DSC01344.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 向島南千住虎の門新吉原奉納邸内社

吉原仮宅営業/浅草神社の狛犬

○仮宅営業

 吉原の遊女屋が火災に遭って全焼した場合、期間を定めて吉原以外の場所で営業するのが仮宅です。
 楼主はいつ火事が起きても困らないよう、楼閣一軒分の材木を深川の木場に確保していて、仮宅営業に入ると、建物の普請にかかります。仮宅営業は繁盛し経費がかからず吉原遊郭での営業より利益を得ていました。まさに焼け太りです。


「天保六年新吉原仮宅場所一覧」(歌川国直 台東区立図書館蔵)

 天保6(1835)年の火災により新吉原遊廓は全焼し、本図は、花川戸町、山之宿町、山谷堀の仮宅の案内図です。屋根の上に妓楼の規模が3つの記号で示され、楼主の名が記されています。

katakuichiran.jpg


○浅草神社の狛犬

 二天門(江戸時代は東照宮の随身門)から浅草神社へ向かいます。

DSC00921.jpg

DSC00922.jpg


<狛犬>

 奉納:天保七丙年申三月(1836年)「田町文三郎」「山川町大工虎五郎」
 石工:「象潟町大岩」

 奉納者の所在地の田町(田地だった)と山川町(南に待乳山、北に山谷掘あるを以て此名あり)は、両町とも山谷堀に面し、吉原の発展とともに形成された町です。
 江戸では火事が頻繁に起きたため、大工はその再建で大きな利益を得ていました。吉原が焼失し仮宅営業した回数は23回にも及び、異常と思える頻度です。立派な狛犬奉納の前年にも吉原は全焼しています。

DSC00903.jpg

DSC00905.jpg

DSC00908.jpg

DSC00904.jpg

DSC00906.jpg

DSC02828.jpg

 この狛犬より大きな、そっくりの狛犬がやっちゃ場の河原稲荷神社にいます。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 吉原新吉原奉納

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR