暮坂峠 牧水の歩いた道

○暮坂峠
 草津から国道292号で六合へ。県道55号(草津中之条線)へ左折、白砂川を渡り暮坂峠へ向かいます。
 六合から暮坂峠(花敷温泉)まで「牧水コース」として「牧水の歩いた道 若山牧水歌碑」の案内標識とともに、木製や石造りの歌碑が14か所あります。案内標識のない石碑もあるので、その数はもっと多いです。

①花敷温泉
「ひと夜寝てわがたち出づる山蔭の温泉の村に雪降りにけり 牧水
        大正十一年十月十九日関晴館に泊る」

DSC06722.jpg

○民宿「山市屋」 中之条町生須333
 白砂川を渡ると、右手に廃業民宿「山市屋」
 数多くの碑があります。

②六合小学校 中之条町大字小雨599-1
 「大正十一年十月   牧水
  おもはぬに村ありて名のやさしかる
  小雨の里といふにぞありけり
  学校にもの読める声のなつかしさ身に
  しみとほる山里すぎて」

DSCN4595.jpg

DSCN4597.jpg

③生須歌碑苑 中之条町生須
  碑がいっぱいあって目立つのに注意力散漫でロスト。

○牧水歌碑 中之条町生須
「みなかみ紀行 「枯野の旅」より
 さびしさよ 落葉がくれに 咲きてをる 深山りんだうの 濃むらさきの花  若山牧水
          平成八年十月吉日
            伊勢崎市星野石材店建之贈 
                  市川昭次郎 書」

DSCN4679.jpg

DSCN4680.jpg

④牧水歌碑(木製)
「しめりたる落葉がうへにわが落とす煙草の灰は散りてましろき」
「わが急ぐ山より見ればむかつ山夕日にもゆるもみぢなりけり  若山牧水」

DSCN4683.jpg

DSCN4685.jpg

○牧水歌碑(石碑)
 「みなかみ紀行「枯野の旅」より
  散れる葉のもみじの色はまだ褪せず
  埋めてぞをるりんどうの花を
           若山牧水
         平成八年十月吉日
         伊勢崎市星野石材店建之贈 
               市川昭次郎 書」

DSCN4686.jpg

DSCN4688.jpg

⑤牧水歌碑(木製)
 「うららかに峰は晴れたれわが登る山そばみちの路のゆくてに
  踏みゆくよ上はかわきて下しめる山そばみちの深き落葉を  若山牧水」

DSCN4689.jpg

DSCN4690.jpg

⑥牧水歌碑(木製)
 「摘みとりて見ればいよいよ紫のいろの澄みたるりんだうの花
  越ゆる人まれにしあれば石出でて荒き山路のりんだうの花  若山牧水」

DSCN4692.jpg

DSCN4693.jpg

○牧水清水 中之条町生須

「生須村を過ぎると路は単調な雑木林の中に入った。今まで下りであったが、今度はとろりとろりと僅かな傾斜を登っていくのである。路に堆い落葉はからからに乾いて、渓川の真白川原に、われ等ゐてうちたたへたり山の紅葉を  若山牧水
         平成五年正月 吉川昭次郎トヨ 書之建」

 原文から省略部分や違うところがありますが、碑文のままです。
 2つのガラスの輪の中には牧水の写真があります。風化が激しい。

DSCN4694.jpg

DSCN4698.jpg

DSCN4695.jpg

DSCN4696.jpg

⑦牧水歌碑(木製)
「露霜のとくるがことく天つ日の光をふくみにほふもみぢ葉
 もみぢ葉のいま照り匂ふ秋山の澄みぬるすがたさびしとぞ見し 若山牧水」

DSCN4699.jpg

DSCN4701.jpg

⑧湯の平温泉口 中之条町入山
「枯れし葉とおもふもみぢのふくみたるこの紅ゐをなんと申さむ
 渓川の真白川原にわれ等ゐてうちたたへたり山の紅葉を 若山牧水」
閉館した湯の平温泉「松泉閣」へは、ここからも通じていたのですね。

DSC01265.jpg

⑨牧水歌碑(木製)
「立枯の木々しらじらと立つところたまたまにして啄木鳥の飛ぶ
 啄木鳥の声のさびしさ飛び立つとはしなく啼ける声のさびしさ 若山牧水」

DSCN4703.jpg

DSCN4704.jpg

⑩牧水歌碑(木製) 
「耳につく啄木鳥の声あはれなり啼けるをとほく離り来りて
 とびうつる枯木が原の啄木鳥のするどきすがた光たらずや 若山牧水」

⑪牧水コース入口 中之条町入山

<牧水歌碑>
「牧水 夕日さす枯野が原乃ひとつ路わがいそぐ路に散れる栗実
 音さやぐ落葉乃下に散りてをるこの栗乃実の色のよろしさ 中澤勝磨書」

DSCN4711.jpg

DSCN4707.jpg

DSCN4706.jpg

DSCN4708.jpg

DSCN4709.jpg

<道標>
 歌碑の前に道標があり、3方向の表示があります。
「右澤渡温泉二通ス 左草津温泉ニ通ス ←花敷温泉」と刻まれています。

DSCN4710.jpg

DSCN4713.jpg

○牧水歌碑 緑の広場
「笹原の笹の葉かげに咲き出でて色あはつけきりんだうの花 牧水」
 比較的新しい歌碑ですが、緑の広場は雑草の広場となっています。

DSCN4716.jpg

DSCN4714.jpg

DSCN4715.jpg

「暮坂旅情」(作詞 安原静祥 作曲 佐久間清詩)の歌碑があります。
DSCN4717.jpg

⑫牧水歌碑(木製)
「おのづから干て搗栗となりてをる野の落栗の味のよろしさ
 かりそめにひとつ拾ひつ二つ三つ拾ひやめられぬ栗にしありけり 若山牧水」

DSCN4718.jpg

⑬牧水歌碑(木製)
「この枯野猪も出でぬか猿もゐぬか栗うつくしう落ちたまりたり
 柴栗の柴の枯葉のなかばだに如かぬちひさき栗の味よさ 若山牧水」

DSCN4719.jpg

DSCN4720.jpg

DSCN4721.jpg

DSCN4722.jpg

【暮坂峠】
⑭牧水詩碑「枯野の旅」 暮坂峠
 「枯野の旅  若山牧水
  乾きたる
  落葉の中に栗の実を
  湿りたる
  朽葉がしたに橡の実を
  とりどりに
  拾ふともなく拾ひもちて
  今日の山路を越えて来ぬ

  長かりし今日の山路
  楽しかりしけふの山路
  残りたる紅葉は照りて
  餌に餓うる鷹もぞ啼きし

  上野の草津の湯より
  沢渡の湯に越ゆる道
  名も寂し暮坂峠

  上州の山川を深く愛した歌人若山牧水は
  大正十一年十月十九日、草津から小雨
  を経て沢渡に向ったが、途中花敷温泉に
  下って一泊、翌二十日、この峠を越えて
  この長詩を残した。」

DSCN4732.jpg

DSCN4740.jpg

DSCN4739.jpg

○牧水像再建事業
 一部抜粋します。
「暮坂峠の牧水詩碑はまだ峠に車道のない昭和三十二年十月地元有志により建立され、三十年後の昭和六十二年コンクリートの牧水像はブロンズ像へと設置替えされた。
 昨年七月十日牧水像は無残にも足を切断して持ち去られる盗難被害に遭遇、詩碑保存会は怒りと失望の中、再建事業に着手。数多くの皆様のご支援を賜る。
   平成二十九年十月二十日
       牧水詩碑保存会」

DSCN4736.jpg

DSCN4737.jpg

○若山喜志子歌碑
 「若山牧水詩碑」を詠った若山喜志子の歌碑があります。
 「碑の上に刻まれて立つ旅すがた 生きていまそこに立つかと思ひし
             昭和32年10月20日 若山喜志子」

DSCN4727.jpg

DSCN4743.jpg

○暮坂峠道祖神

DSCN4729.jpg

DSCN4731.jpg

○牧水旧道

DSCN4725.jpg

DSCN4726.jpg

○暮坂峠遊歩道案内図

DSCN4741.jpg

DSCN4741b.jpg

DSCN4744a.jpg

DSCN4744b.jpg

DSCN4745.jpg

○旧大岩学校(牧水会館) 中之条町上沢渡3404-1

「歌人若山牧水は大正十一年十月二十日花敷温泉から暮坂峠を経て沢渡温泉への途中大岩村にてこの二首を残した
 いまここに同窓相はかりてこの碑を建てる
   昭和五十年十月二十日 牧水歌碑建設委員会
       会長 町田浩蔵  石匠 岡田嘉一」

DSCN4759.jpg

DSCN4757.jpg

DSCN4751.jpg

DSCN4750.jpg

DSCN4752.jpg

DSCN4753.jpg

DSCN4754.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 若山牧水銅像

草津温泉

○草津温泉 湯畑

DSCN4626.jpg

DSCN4627.jpg


○TARO 湯畑
 湯畑は岡本太郎氏がデザインしていますが、床の石板と湯畑の説明板ができています(2017年4月)。絵文字は、岡本太郎デザインの草津の「草」の字です。
 「徳川八代将軍御汲上之碑」が湯畑の中に移設され、その跡地に設置されています。

 全文掲載
「草津の未来をえがく
 大型レジャー時代はすでにひらかれている。現代の人間生活は単なる生産、勤労ばかりでは絶対に充たされない。レジャー産業や観光事業の、社会生活全体の中に占める重みは今後ますます拡大されてゆくだろう。そしてこれは、急速に展開してゆく世界的な現象なのである。
 そのような社会の流れの上に立って「草津」を見かえすとき、ここに無限の可能性を見ることが出来る。東京から至近の距離にあるにもかかわらず、まだ荒らされていない雄大な自然。神秘的な白根山を頂き、スケールの大きな高原の変化に富んだ美しさ。快適な気候。そして湧出量の豊富な温泉の町・・・・・・。
 健康のための保養地、また人間解放のレクリエーションの場として、疎外され乾いた現代人の心身をいきいきとよみがえらせる絶好の条件を備えている。
 ただ草津の現状はそのよさを十分に生かしているとはいい難い。むしろ、出足が遅れ、時代の要請に適応しにくくなっていると言うべきだろう。とかく、古く栄えた町や行楽地ほど、昔の思い出、その固定観念また既存の施設が逆に悪条件となって、発展から取り残されがちになることは至るところに見る悲しい例だ。草津がそのような道をたどってはならない。
 かつての草津が名湯として名を響かせたように、日本全体の新しいレクリエーションセンターとして大きく発展すべきだ。そのユニークな魅力が世界中の人々を惹きつけ、世界の草津として歌われるような、大きなヴィジョンを根底にして、辛抱強く、一歩一歩町づくりを進めるべきだ。この報告書がそれへの有効な踏み石となれば幸いである。 岡本太郎」

DSCN4620.jpg

DSCN4625.jpg

DSCN4621.jpg

DSCN4622.jpg


○徳川八代将軍御汲上之碑
 2015年2月に、湯畑の中に移設されました。

DSCN4629.jpg

DSCN4630.jpg

<御汲上之湯枠>
DSCN4642.jpg


○草津温泉湯路(とうじ)広場 草津町大字草津107-1

 2014年7月にオープン。広場は御影石の乱張り、石積みは、みかほ石/榛名石。
 きれいに整備されたので、綿の湯源泉が視界に入るようになりました。

DSCN4641.jpg

DSCN4655.jpg

DSCN4653.jpg

DSCN4654.jpg


○草津に歩みし百人の碑
 草津を訪れた偉人・著名人の名が、湯畑の石柵に刻名されています。今回、若干撮り増した。

DSCN4632.jpg

DSCN4639.jpg


○地蔵の湯 草津町草津299

 地蔵の湯源泉と地蔵尊

DSCN4660.jpg

DSCN4666.jpg

DSCN4663b.jpg

 地蔵の湯源泉を使用する宿は、ホテルニュー七星や月州屋(日帰り不可)がありますが、オーソドックスに地蔵の湯へ最後の入湯。熱かったのでカラスの行水です。この日は透明でした。

 公式に開放されている浴場は白旗の湯、地蔵の湯、千代の湯の3箇所です。その他は、基本的には住民向けの共同浴場です。

ホテルニュー七星 おおるりです
DSCN4659.jpg

月州屋 地蔵源泉に地蔵の湯とともに一番近いですね
DSCN4668.jpg

DSCN4667.jpg

地蔵の湯
DSCN4672.jpg

DSCN4670.jpg


○ホテル一井
 若山牧水が泊まった宿がここです。ここから牧水をたどって、暮坂峠へ向かいます。

DSCN4656a.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 岡本太郎若山牧水

六合の郷 しらすな

中之条町旧六合村には、入山、小雨、生須、太子、日影、赤岩の6つの集落があります。

赤岩集落を探訪、長英の隠れ湯で素晴らしい温泉に入った後は、太子集落の昨年整備公開された旧太子駅を見て、小雨集落で牧水歌碑を確認後、六合の郷しらすなで昼食。草津温泉を管理していた湯本家住宅を見たので、これから草津に行くことにしました。

【太子】
○旧太子駅  中之条町大字太子251-4 0279-95-3055
 太子線は、戦時中に鉄鉱石を搬出するために開業し、戦後、旅客輸送も行われましたが、昭和46(1971)年に廃線となりました。
 平成30(2018)年に遺構を整備して公開しています。入場料200円。
 柵で囲われていますが、外からでも見えます。

DSCN4592.jpg

DSCN4594.jpg

DSCN4593.jpg

DSCN4591.jpg

【小雨】
○若山牧水歌碑  中之条町大字小雨599-1六合小学校前
 「大正十一年十月   牧水
  おもはぬに村ありて名のやさしかる
  小雨の里といふにぞありけり

  学校にもの読める声のなつかしさ身に
  しみとほる山里すぎて」

DSCN4595.jpg

DSCN4597.jpg

【小雨】
○六合の郷 しらすな  中之条町大字小雨22
 浅間そば700円のチケットを券売機で購入。
 冬の浅間山をみたてているのでしょう、盛られたそばの上に、白い大根がのっています。


DSCN4605.jpg

DSCN4606.jpg

DSCN4604.jpg

DSCN4600.jpg

DSCN4601.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 若山牧水道の駅

赤岩集落(国重文)

赤岩集落

○中之条町六合赤岩伝統的建造物群保存地区

 赤岩集落は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。また、文化庁の日本遺産にも登録されています。
 赤岩集落へは、国道292号を「赤岩集落/長英の隠れ里」看板を右折。白砂川を渡ります。

DSCN4485_20190910213804f85.jpg

DSCN4486_20190910213806ac0.jpg

DSCN4571.jpg

DSCN4572.jpg

DSCN4574.jpg

DSCN4532_20190910213807262.jpg

DSCN4533.jpg

<ふれあいの家>
 駐車場やトイレのある観光案内所です。

DSCN4573_201909102140341ff.jpg

<水車小屋>
 ふれあいの家の隣に、水車小屋があります。

DSCN4570.jpg

DSCN4578_201909102140370d0.jpg

<湯本家住宅>
 草津温泉は、湯本氏一族により温泉開発・経営が始まったとされます。
 江戸初期に湯本長左衛門が赤岩に隠居、医業に携わったといいます。
 湯本家住宅は、土壁と土蔵造りです。
 高野長英がかくまわれていたとされ「長英の間」が残されています。

DSCN4559.jpg

DSCN4575.jpg

DSCN4576.jpg

DSCN4569_201909102133436ba.jpg

DSCN4566.jpg

DSCN4560.jpg

DSCN4563.jpg

DSCN4562.jpg

<湯本家伝 月桂酒>
 「湯本家伝 まむしの薬酒 月桂酒」の看板が入口にあります。

DSCN4564.jpg

DSCN4564a.jpg

<稚蚕飼育所跡>
 稚蚕の飼育は難しいため、共同で飼育する目的で建てられました。
 実際に蚕がいるのには驚きました。

DSCN4553.jpg

DSCN4555.jpg

DSCN4547_20190910212842798.jpg

DSCN4546.jpg

DSCN4552.jpg

DSCN4548.jpg

DSCN4549_201909102128456c5.jpg

DSCN4551.jpg

<鏡学院跡>
 鏡学院は平成3年まで続いた修験道。
 老朽化していた護摩堂は2019年4月に鏡学院保存会によって修復され、 「鏡学院跡」の碑と横に石仏2体が安置されています。
 
DSCN4539.jpg

DSCN4542_2019091021252205a.jpg

DSCN4541.jpg

DSCN4540.jpg

<旧長英の隠れ湯(閉館)>
 六合保健センターに併設されている旧長英の隠れ湯、2019年3月31日閉館。

DSCN4590.jpg

DSCN4487.jpg

DSCN4488_201909102119413f2.jpg

DSCN4580_20190910211942774.jpg

DSCN4588.jpg

DSCN4589.jpg

DSCN4584.jpg

DSCN4585.jpg

中之条ビエンナーレ2019
 中之条町内各所が会場となっており、赤岩集落は8カ所が会場となっています。

DSCN4577.jpg

DSCN4890.jpg

DSCN4888.jpg

DSCN4579.jpg

DSCN4568.jpg




    

   

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 国重要文化財

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR