渋沢栄一と電力事業

○電燈供給発祥の地 中央区日本橋茅場町1ー3ー10

 日本で最初の火力発電所が、こんな都心にあったのですね。
 兜町歴史地図に記載されていた「電燈供給発祥の地」ですが、地図に記載されていた場所が違っていたので、迷いました。相鉄フレッサインの前にありました。

DSCN1035.jpg

DSCN1035b.jpg


 この碑は、昭和62(1987)年1月に東京電力株式会社が設置しました。
 東京電燈株式会社は、日本初の電力会社で、渋沢栄一らが発起人となり設立された会社です。明治20年(1887年) 11月21日東京電燈会社がこの地にわが国初の発電所を建設し、同月29日から付近に電燈の供給を開始しました。
 明治42(1909)年10月27日、渋沢団長の渡米実業団はエジソン電機会社を訪ね、渋沢栄一はエジソン夫妻と会見しています。

DSCN1312b.jpg

DSCN1316.jpg


(碑文)
「明治20年(西暦1887年) 11月21日東京電燈会社がこの地にわが国初の発電所を建設し、同月29日から付近の日本郵船会社、今村技能、東京郵便局などのお客様に電燈の供給を開始いたしました。これが、わが国における配電線による最初の電燈供給でありまして、その発電設備は直立汽缶と、30馬力の横置汽機を据付け、25キロワットエジソン式直流発電機1台を運転したもので、配電方式は電圧 210ボルト直流三線式でありました。」

DSCN1314_20210301005210b09.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 渋沢栄一

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR