六阿弥陀第二番 延命院

○延命院 足立区江北2-36辺り

 正式名は、「甘露山 延命院 応味寺」で、江戸時代の案内書には延命院・延命寺のほか、応味寺・応味院と案内されています。延命院から離れたところにある阿弥陀堂が六阿弥陀第二番でした。阿弥陀堂は小台村の飛地で沼田の六阿弥陀と呼ばれました(現在の江北2-46先荒川土手)。明治9(1876)年に延命院は廃寺となり、本寺だった恵明寺が阿弥陀堂を管理するところとなり、恵明寺が第二番となります。 大正時代の荒川放水路開削工事により阿弥陀堂は河川敷地内となったため廃止され、阿弥陀堂にあった阿弥陀仏は恵明寺に移されました。

(参考)小台大門町
 この飛地から弥生時代の集落跡が発掘されており(足立区文化財)、古くから人が住んでいたと考えられています。荒川放水路開削で、飛地の区域はそのほとんどが荒川河川敷内となりました。 足立区小台大門町として存続していましたが、平成元(1989)年に河川敷地内に住居表示が実施されその名称は消滅し江北2丁目となりました。


「江戸名所図会 六阿弥陀廻」

(どこを描いたのか)
 「江戸名所図会」に六阿弥陀廻の賑わいが描かれていますが、タイトルの明示がなく、場所は推測するしかありません。本文で、延命院と餘木阿弥陀如来が紹介されており、これらを巡拝する人々を描いたものと思われます。延命院が管理する阿弥陀堂近辺、熊之木の光景を描いていると推定します。熊之木の光景と仮定すると、描かれている光景にすべて合点がいきます。

(六阿弥陀詣参詣路の名所「熊之木」)
 文政5(1822)年に六阿弥陀四番与楽寺が刊行した『武州江戸六阿弥陀巡拝之図』には、「熊之木」の位置が明示され、江戸六阿弥陀詣参詣路の名所となっていました。

(熊之木が描かれていると仮定して)
 奥に見えるのは荒川(豊島村からは豊島川、沼田村からは沼田川。現:隅田川)で、六阿弥陀の渡しを渡ってきた参詣者が見えます。杖を持つ参詣者が多く描かれています。
 手前の小川は神領堀で、橋が架かっています。川の縁に、食器の入った盥と鍋が置かれています。茶屋の主人が鎌を洗っています。
 茶屋では、藁草履・雪駄を売っています(六阿弥陀詣は長丁場です)。屋根には鶏がいてのどかな農村の雰囲気です。道端では近隣の農家が農産物を売っているのでしょう。茶屋も出ているので、ここは六阿弥陀詣の名所となっていた阿弥陀堂近くの熊之木でしょう。
 駕篭を止めている女性に、六阿弥陀詣の参詣者が、方角を指差しています。その先に阿弥陀堂があるのでしょう。これから神領堀の橋(江戸時代もあったか不明ですが熊之木橋と勝手に推定)を渡ろうとする駕籠の女性や参詣者が見えます。往来の多い道のようなので、弘法大師道で、西新井弘法大師に参詣してから反時計まわりに六阿弥陀を廻るのでしょう。橋を渡ってくる子どもは弁当箱を担いでいます。長丁場なので弁当持参なのでしょう。

(昭和天皇も御訪問)
 昭和天皇がご幼少の頃、車から降りて、荒川堤の五色桜を観覧され、熊之木橋を渡って西新井大師まで歩かれています。

(挿絵説明)
「春秋二度の彼岸には六阿弥陀廻とて日かげの麗かなるに催され都下の貴賎老いたる若き、打群つつ朝とく宅居を出るといへども行程遠ければ遅々たる春の日も長からず秋はことさら暮れやすうおもはるべし」

kumanoki.jpg

kumanoki1.jpg

kumanoki2.jpg


「江戸切絵図」

 豊嶋村に「六アミタ一番西福寺」があり、「豊島村渡場」が見えます。 渡場の沼田村の左手に「六アミタ二番延命寺」とあります。  「六アミタ木余如来性翁寺足立姫墓有」と「本木太田三嶋大明神」も描かれています。

kiriezu_202205241547370cb.jpg


<阿弥陀堂>(現在の江北2-46先荒川土手)

 こちらは「東屋本店」(足立区江北2-46-13)で、店裏の荒川土手にかつて阿弥陀堂がありました。
 東屋本店は江戸時代後期の創業(創業時は茶店)の酒屋で、店主は「荒川五色桜復活の会」の代表を務められました。五色桜にちなんだ酒類の、麦焼酎「咲いた咲いた桜が咲いた」、日本酒「五色桜」「荒川堤」を販売しています。

DSCN5285_202205241549014b6.jpg

DSCN6056_20220524154903777.jpg

DSCN6058_20220524154904bfa.jpg


<荒川土手>

 荒川土手です。荒川放水路開削前は、隅田川はここら辺りまで曲がっていて、六阿弥陀の渡しがありました。

DSCN5264_20220524155203e6e.jpg

DSCN5265_202205241552054f5.jpg

DSCN5266_20220524155206d6c.jpg

DSCN5269_20220524155208f2d.jpg


<あだち五色桜の散歩みち>

 説明板でもあるかと思ったら、「あだち五色桜の散歩みち」の「桜の配置案内板」です。散歩みちは、荒川左岸土手上の鹿浜橋から西新井橋まで続いています。

DSCN5267_20220524155209c0f.jpg


<延命院跡>

 延命院跡を見たところ。

DSCN5270_20220524155416eff.jpg


<対岸>

 対岸(北区豊島)の説明板「阿弥陀の渡船場跡」(こちらで記載)から、阿弥陀堂跡方向を見たところですが、眺望悪し。

DSCN5313_20220519212304715.jpg
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会六阿弥陀

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR